ホーム > 設備紹介

設備紹介

薬剤師の業務効率の向上とミスのない調剤業務を目指して

「最新の機器を積極的に導入」しています。

また、誰がどの店舗で勤務しても調剤しやすいように、

「薬の並び方や設備を全店舗統一化」しています。

錠剤監査システム

レセコンで入力した患者さまの処方データと

ピッキングした錠剤を監査システム通す事により、

錠剤の種類が合っているかどうか、

重さにより錠数があっているかどうか確認する事が出来ます。
また、監査をした際の画像も記録しておりますので、
もし患者様から問合せがあった際にも画像を見ながら説明する事が可能です。

【全店舗導入】

全自動錠剤分包機

用法ごとに錠剤やカプセルを全自動で包装します。

分包でよく処方される薬剤をあらかじめカセッターに充填しておくことができます。

レセプトコンピューターと連動しているので、

処方入力の際に一包化の指示を出すと付属のコンピューターに自動入力されます。

設定により、一包ごとに服用日を印字することもできます。

【全店舗導入】

散剤監査システム

散剤の取り間違いチェックや、処方薬の年齢別用量チェックをし、

何を何グラム計ったかを記録にします。

判読が難しい散剤の計量や混合調剤において、

監査の正確性を高め、安全な調剤を実現しています。

【全店舗導入】

水剤自動分注機

小児科や耳鼻科の門前で、水剤が多く出る店舗には、水薬自動分注機が置いてあります。

レセコンで入力したデータが水剤分注機に転送されます。

あとはこの機械に水薬のボトルを置くだけで、自動的に計量されます。

抽出量、抽出内容の結果が印字されるので、鑑査もしっかり行えます。

【蜆塚店・下石田店】

電子薬歴

薬剤師の服薬指導等の管理、効率、品質向上のため電子薬歴を導入しております。

添付文書参照 相互作用チェック、前回処方との差異などが画面にわかりやすく表示され、

引継ぎ事項も正確に伝達できます。

薬歴が書きやすいように、薬剤師に1人につきパソコン1台が用意されています。

【全店舗導入】

分包機

散薬(粉薬)や錠剤を自動で服用単位・処方日数ごとに分包します。
患者さまが、きちんとお薬を飲んでいただくことに貢献します。

【全店舗導入】